お風呂でも出来る背中ニキビケア!効果的なケア方法はコレ!

なかなか治らない背中ニキビ。お風呂の時に気を遣ってケアしていますか?

 

背中は普段からケアしにくい場所なうえ、皮膚は顔の皮膚よりも数倍厚いし、皮脂分泌も多く、シャンプーやトリートメントの洗い残りが付着しやすいんです。

 

お風呂での注意点は、なによりその洗い残しを防ぐことです。

 

シャンプーをした後、ちょっと長いと感じるくらいしっかりと髪をすすいでくださいね。シャンプーに入っている界面活性剤は洗浄力は強いのですが背中に残ってしまうと毛穴が詰まり、炎症を起こしてニキビの元となってしまうんです。

 

界面活性剤の洗浄力の弱い、アミノ酸系のシャンプーを使うのも背中ニキビには効果的ですよ。

 

 

また、洗う順番に気を遣うことでも予防できます。

 

頭、顔、身体のように、上から下への順番だと、シャンプーの残りが落ちやすく清潔を保てます。その際の石鹸も、お肌に優しい無添加のものか、ニキビケア用のボディソープを使うとより効果的ですね。

 

たくさんの泡を作り、手で優しく洗うことも大切です。スポンジやタオルを使うと、摩擦で肌を傷めてしまいますよ。

 

背中ニキビにボディスクラブを使う場合の注意点

背中ニキビのケアで、ボディスクラブを使用する方法もあります。古い角質を取り除き、新陳代謝を良くしてくれるので効果的です。

 

でも、スクラブを使うのにはいくつかの注意があるんです。その注意すべき点をみてみましょう。

 

やりすぎは禁物

早く治したい一心で週に何回もスクラブを使ってはいけません!
ニキビ肌にさらなるダメージを与えてしまいます。週一回を目安に使用してくださいね。

 

細かいスクラブを使うこと

スクラブの粒が粗いと、その分肌への負担が大きくなってしまいます。
細かいスクラブで、優しくなでるように使用してください。

 

湯船につかってから使用する

湯船につかり、毛穴を広げてから使用した方が、肌を濡らしただけの状態よりも効果的です。
肌が柔らかくなってからの方が、肌の負担も減るのでおすすめですよ。

 

ジュクッとしていたら使用禁止

そんな時は背中ニキビを泡で優しく洗うだけにとどめ、スクラブでダメージを与えないようにしましょう。

 

 

このように、ちょっと気を付けるだけでも、効果はグッとあがりますよ。

 

お風呂上りには保湿を!人気の背中ニキビクリーム3選

お風呂で丁寧にケアした後に重要なのは保湿です。
冒頭でもお伝えした通り、背中の皮膚は顔よりも厚いので、化粧水をぱしゃぱしゃっと付けただけでは、なかなか浸透してくれません。

 

また、油分の多いクリームを塗って、保湿した「つもり」になっていませんか?

 

これが、背中の隠れた乾燥肌、インナードライを招いているのかもしれませんよ。しっかり保湿できる人気の背中ニキビクリームを紹介します。

 

シアクルゲルクリーム

水のように軽い付け心地のさらさらしたクリームで、背中ニキビケアと美白の効果が高く評判です。

 

有効成分でしっかりと美白しながら、コラーゲン、ヒアルロン酸、トレハロースなど11種類の保湿成分をバランスよく配合しています。

 

また、天然由来成分で肌を労りながら、刺激なく炎症をしずめます。

 

ジッテプラス

潤いを肌に閉じ込めるヒアルロン酸、肌表面を潤すスーパーヒアルロン酸、肌の奥を潤す加水分解ヒアルロン酸、この3種類のヒアルロン酸と、肌への浸透を高めるナノセラミドの働きでとても高い保湿力を実現しました。

 

グラビアモデルの手島優さんが愛用しているのも興味がわきますね。

 

ルフィーナ

シロキクラゲ、低分子コラーゲン、ヒアルロン酸など8つの保湿成分で乾燥を防ぎ、ニキビ対策に有効な、グリチルリチン酸ジカリウムや水溶性プラセンタエキスを配合し、キレイな背中へと導きます。

 

どのクリームも背中ニキビのために作られ、保湿力がとても高く、ニキビ跡のケアもできる美白成分が入っています。肌に優しい低刺激なので、安心して使えますね。

 

ぜひ、参考にしてみてください。背中ニキビ、早く治ると良いですね。

 

>>ジッテプラスの解約方法【背中ニキビは何ヶ月で治る?】